« GUSH 6月号 恋する暴君 感想 | トップページ | 健康的な一日。 »

「第二ボタン下さい」 門地かおり

第二ボタン下さい Book 第二ボタン下さい

著者:門地 かおり
販売元:新書館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

柔道の高校No.1選手・阿久津は、とある試合会場で村上クンに一目ボレ。
選手として憧れていた阿久津にアタックされ、胸中複雑だった村上クンも、やがて自分の気持ちに気づいて……
初えっちも迷走に次ぐ迷走!?
愛すべきバカップルちゃんズのトキメキ悶々ハイテンション・ラブストーリー、待望の単行本化!描き下ろしもアリv

門地さんの新刊ゲットしました~。期待通りすごく面白かった!

「生徒会長に忠告」に出てたときは、阿久津くんこんなひとだとは思わなかった…!まずそれに度肝を抜かれた。ちょっと不思議なひとだとは思ってたけど、見た目と主将という肩書きから、無口な男前タイプだと思ってました。でも違った…!一途で一生懸命で可愛いです。想像してたより断然好み。
村上くんもすごくすごく可愛いvv きらきらな見た目もだけど、一人ぐるぐる考えて、心の中で叫びまくってるとことか。恋をするとひとはみんな不器用でヘタレになるんでしょうか。
でも二人、対照的なんだなあ。阿久津くんはボーっとしてるんだけど、思ったこと全部言っちゃってて行動も直球。村上くんは強気で、最初すごく意地っ張りだったり。ひとは自分にないものを持つひとに惹かれると言うし、お似合いなんでしょうね。結局村上くんは素直になってるけど。それもまたよしですvv

そしてストーリーのほうですが、全編通してほんときゅんきゅんします!読んでる側にまでどきどきが伝わってくる。手をつないで村上くんの家に向かってるときなんか、阿久津くんの緊張っぷりにこっちまでどきどきしてしまいました。
あと、村上くんが心の中ではすごいすきって思ってるのに、嫌いって言ってしまってて、でもその村上くんの手を取って、「あの…でも… 嫌いって言われてるのに 胸が鳴るよ…」と阿久津くんが言うところ、すごい萌えた…。よくぞ気づいた!野生のカンでしょうか!村上くんもきゅんとしてますよv

でも後半はすごい笑いました。記念すべき初えっちなのに、若葉マークな二人が悪戦苦闘してるのが楽しい。二人で作戦会議開いたり、家中、潤滑剤になるものを探し回ったり。洗剤は阿久津くんの口に毒だからNGなんですよ~。阿久津くん、正直すぎておかしいww
それから、二人の状況とか気持ちのイメージ映像がたびたび現れるんですが、的確ですごい笑った。邪魔になんないんですよ!肝心なところなのに。むしろたくさんあってうれしかった!
それから、「君は助手席 僕は運転」作詞作曲/阿久津直也……これすごい!名曲!えろいシーンなのに、めちゃくちゃ笑ってしまったww 腹がよじれる…

そういえばすごいたくさんのページを初えっち達成に費やしてる…。半分近く…?すごいなあ!まあずっとそのシーンってわけじゃあないんですけど。

それから最後、阿久津くんがほしいと言ってた第二ボタンをダイヤ代わりにして、ビーズでエンゲージリングを作ってる村上くんが乙女で可愛かった…!歩道橋の上でそれを主将にはめてあげるんですが、ラブラブっぷりに笑いました。最初は村上くんが拒んでたけど、後半は二人とも好き好き同士なので、すごいバカップルで楽しいです。でも阿久津くん!自分で言ったことくらい覚えとかなきゃ!本人が手に入ったからって、そればれたらなんか村上くんかわいそうだよ…。

あと、国斉さん、知賀くん、近藤くんが出てたのもうれしかったvv 国斉さん可愛いよ~!服選ぶシーン萌えた…(*´д`*)
隅から隅まで堪能しましたvv

|

« GUSH 6月号 恋する暴君 感想 | トップページ | 健康的な一日。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「第二ボタン下さい」 門地かおり:

« GUSH 6月号 恋する暴君 感想 | トップページ | 健康的な一日。 »