« GUSH 7月号 恋する暴君 感想 | トップページ | GUSH 9月号 恋する暴君 感想 »

GUSH 8月号 恋する暴君 感想

私の中ではすでに伝説の領域な8月号です。顔がにやけてどうしようもないです。何回も読み返してるのに。ほんともう鼻血が出るかと思いました。私は生まれてこの方鼻血を出したことがないんですが、初鼻血は宗一兄さんにささげる覚悟です。
そんなplan.4。
以下、ネタバレしまくりの感想です。

いやあ、ラブホ入れるとは思ってませんでした。兄さん思いっきり拒んで殴って終わりかなあと。しかし森永くんグッジョブですよ!兄さんがどさってベッドに押し倒されるとこから始まり始まりー。
「ここなら文句ないでしょう」「だから正々堂々と 誰に恥じることなく しましょう」と、最初からやる気満々な森永くんが、相当せっぱつまってそうで面白いです。逃げようとする兄さんの服の裾から手を突っ込んでます。というかすでに胸元までたくし上げてる。えろす!
そんな森永くんにいつもどおり暴言を吐く兄さん。でも森永くんの様子がおかしいです。
自分とのこういう行為を受け入れる気がないってことなのかと尋ねる森永くんに、「よく解ってんじゃないか」と兄さん答えます。ここでとうとう「だったらなんで中途半端に受け入れたりしたんだよっ」と森永くん爆発。兄さんもぎょっとしております。
でもこの森永くんにはちょっとうるっときました。そうだね、そんなにすきなひとなんだから、切ないよね。わがままで乱暴者な兄さんがすきだけど、森永くんはつらいよね…!(涙)
普段兄さんがまったくもって森永くんが特別だというそぶりを見せないから、いくら兄さんの暴言を本気じゃないと思おうとしても、保証なんてないって不安になりますよね。体の関係を持ったけど、心の話は避けられるし、体の関係も基本拒まれてばかりだから、自信もなくしてしまう。森永くんもけっこうぐらついていたと。磯貝さんが現れて、引っかきまわしてくれたからなおさら。それに兄さんは、受け入れる気がないにしては森永くんが期待するようなことしてるしね。

「何も泣くこたーないだろ…っ」と言う兄さんに、「泣いてません」と答える森永くん。ここ強気なんだけど、表情とか可愛いv普段へタレなのに、ここぞと言うときには強気な森永くん。いいよいいよ~(´∀`)
でも兄さん、「泣く程やりたいのかお前」って…その解釈は本当にひどいww 私はこの発言は本気じゃなくて、シリアスなのを避けたくてごまかしたとかじゃないかとか思ってるんですけど、違うかなー。

でもちゃんと真剣なお話に戻す森永くん。もう一度、脅迫とか契約とかは便宜的なものだったんだと言います。「それは先輩も解ってましたよね?」って、解ってたのか兄さん!まあ、森永くん二巻で同じこと言ってたし、さすがにそこまで兄さん鈍くないか…。ただ触れられないですむならそれでいいやくらいに思ってたのかな。でも二巻ではそういうことを言う森永くんをはねつけてたのに、今は気まずげな顔をするだけ。こういう状況だからかもしれないけど、確実に兄さんも変わってきてるという気もします。

なのに森永くん、「もうやめますよ」と!
ちょ、森永くん、そんな…!と思ったところで、「…そんなにやりたいならやりたいってフツーに言えばいいじゃないか」と兄さん。兄さん、今回はかたくなにやるやらないの話をしてるような…。こころの話にはどうしても触れたがらないのか。
でも「もうやめますよ」のあとにこの発言をしたってことは、引き止めにかかってると見ていいんでしょうか。場所が場所だから、拒む以外の発言をしたらそういうことになるかもってことは分かってるはずですよね。本当に嫌なら、森永くんの発言は兄さんにとっては望むところなのであって。そうしないということは…?気づけ!気づけ森永くん!

ところが「しょっちゅう言ってますが何か?」と返す森永くんww …確かにしょっちゅう言ってるな…。不憫。でもここから怒涛の萌え展開が…!
お前はいつもタイミングが悪い、忙しい時ばっかり言ってくると言う兄さんに、森永くんは「先輩が忙しくないときなんてないでしょ!」と返します。
そして、それを受けての兄さんの一言。「探せばちょっとはあるんだよ!!」
え、え、え…!?探せと!?そう言ってるの兄さん…!?これはもう完璧嫌じゃないってことを告白しちゃってるんじゃ!
でも森永くんはそこに突っ込まずに、言い合いを続けます。こういう機会にちゃんと話しておいたほうがいいですよね、考えてみたら。こころの話を避けたら進展はないですから!
そうだとしたって、いつも文句言って逃げるじゃないですかと言った森永くんに、「文句くらい言ったっていいだろ!!」と兄さん開き直ります。
逆ギレするのかと思ったら、兄さんどうやら違う様子。自分は折れまくってるのに、お前はそれを軽く考えてると言います。森永くんは理解してると言いますが、兄さんはしてないと言い張ります。そして、「オレは自分の信条を420度くらいひんまげて お前の相手をしてるんだろーが!」と、これまた名言。兄さん420度ってww
そしてまたまたすごい発言。「どうせ折れるにしたって 文句言う権利くらいあるはずだ」と!
わーーーー!「どうせ折れる」の!?確実に風向きが変わったよ森永くん!このときの赤くなった兄さんの顔がまた可愛いったら(´∀`) それじゃあ今号最初拒んでたのも、嫌じゃないけど嫌って言ってしまうみたいな!えっ、素直になれない乙女心!? それとも文句は言わないよりかは言っといたほうが得だろってこと!?…それはないと思いたい。まあ、そうだとしたってどうせ折れるんだから!折れるってことは合意だってことだから!

是非にかかわらず文句つけられたんじゃ、本当に嫌なのかそうじゃないのかわからないという森永くんに、「わかれ!そのくらい」と兄さん。うっわああ!もう、これ全部天然なの…?天然誘い受?兄さんたら恐ろしいひと…!
そんな兄さんに、ベッドに乗っかって、「今は…どっちです…?」と尋ねる森永くん。これからはちゃんと聞くから、先輩も解る程度のサインは下さいよと。おおー森永くん来た来た来たーーー!(テンションうなぎのぼり)
「…こんなこっぱずかしい場所に連れ込まれて すごく腹が立ってるよ!」と兄さん。
この顔もちょうかわいい!いやじゃないんだー!腹は立ってるけどいやじゃないんだーー!うわ、もう、どうしよう…。何これ、発売から二ヶ月たってるのにいまだにすごい萌える。兄さん可愛いよ!
そして「成程」と一言言った森永くん、兄さんをそのまま押し倒して眼鏡を外します。眼鏡外す瞬間ってえろいなあ。ひとの眼鏡を取ってるなんか特に。
この会話すごく好きです。ストレートに言わないことに趣があると思う。兄さんの性格上素直には言わないけど、森永くんには伝わっているっていうのが。萌えるなあ(*´д`)

「今から キス…しますけど」「いいか悪いか 答えてくださいね」と、すごい至近距離で尋ねる森永くん。確認を取る割りに、「していいですか」じゃなくて「します」という断言口調。
で、そんなこと言われて、ぱくぱくしちゃってる兄さん!可愛いよ~(´∀`) いいなんて絶対言えないけど、悪いわけじゃないから悪いとも言えない…ってことですか!?そんな、すてきすぎる……。もうどうしよう。森永くんの「早く…」もいいです。せかすのはいい。
ここからもうすごくえろいです。森永くんはスイッチは入ると強いなあ。ヘタレさを微塵も感じさせない見事な熟練ぶり。経験の差ですね。それにしても森永くんはどんなにせっぱつまろうがきちんと手順を踏みますね。例え二ヶ月ぶりであったとしても、初めてのときも。目がいっちゃってたわりにはね!がっついてはいるけども。ヘタレだからか、経験豊富だからか、片思い長いし鉄の自制心が身についているからか。それとも兄さんのこと大事にしてるから、痛い思いさせたくないっていう優しさかなあ。うーん、全部で!

そして今回、どこ触るにしても逐一確認を取る森永くん。どんなプレイですか。言葉責めですか。もっとしてください。兄さんが可愛いんで!
そして、それを嫌がっての兄さんの発言。「や、やな時は 嫌だって言うから…っ それ以外は…もうお前の好き勝手にすればいいから…っ」
わーーーーー!これには固まった。え、読み間違いじゃないよね…。いいのこんな、ば、ばちが当たるんじゃ…。天然であの台詞はやばいですよ。可愛すぎる。そんなこと言っちゃったら森永くんが歯止めきかなくなるよ!このときの表情も色っぽい(*´д`*)  期待していた以上のものが返ってきましたよ~。全てに心臓を打ちぬかれた!いまだにこの台詞見るとどきっとする。

それから相変わらず敬語じゃなくなる森永くん。それにしても森永くん、可愛い顔していい体してるね。びっくりした。ソフトマッチョ?どこで鍛えてるんでしょう。
そういえば今回は森永くんの妄想にも登場していたバックです。森永くんやりたかったのかな…。それじゃあ次は、もうひとつの妄想のあの体位でよろしく!すごい見たい。向かい合わせだと兄さんより恥ずかしいと思うよ。すごいいいよ。無理やり目合わせたりしたらいいよ。

痛がる兄さんに森永くん「ごめん まだ早かった…?」と謝ります。腰が…兄さんの腰が!ってか体勢がすごい色っぽい!目の毒。危険物。
で、その森永くんに、「別に、平気だ…っ」と言う兄さん。け、健気だー!兄さんがこんな言葉を口にするなんて。っていうか兄さんをけなげだと思 う な ん て!(失礼。でも事実だと思う)

そして耳に息を吹きかけられて、いつもより早くいっちゃった兄さん。耳ほんと弱いんだね!ああ兄さん可愛い。そんな兄さんに森永くんは「先輩ってちょっと痛い方がキモチイイんですか!?」と尋ねます。そ、それはそれで萌えるけれども!兄さん否定してますね。そしてその原因を探る森永くんww 要素とか言うあたり、実験のノリに近い?それにしてもすごい体勢だなあ…。
私は森永くんが言ってる全部の要素プラス、気持ちの何らかの進展が原因にあると思います。あるといいな!
ここで、「考え事すんなら抜いてくれないかなっ」と兄さん叫びます。うはあー、可愛い~vv(*´д`) 兄さんがこんなこと言うなんて、感動した!合意なんだなあとしみじみ実感。というか兄さんから「抜く」と言う言葉が出ただけでもう鼻血ものです。
まさか森永くんもやめるはずはなくもちろん続行。
このときの森永くんのモノローグ、「もう被害者ヅラさせない 後で何言われたって受けつけない もう言い訳は できないんだ」も、すごいいい…!ちょっと黒い感じがまた!兄さん本格的に逃げられなくなりました。でもそれでいいんだもんね!いいんだよね……?

そして次の日。
兄さんの代わりに磯貝さんに会いに行く森永くん。森永くん…ムリさせちゃったのか。萌えるなあ。そのことを見透かしてる磯貝さんもかっこいい。 あと、本人不在のところで兄さんの話がされてるってのが無性に萌える…!
そして磯貝さんは嫉妬深い森永くんにほも疑惑をかけられてしまいます。磯貝さんは次回、どう出るのかーというところで以下次号。

今回読んで思ったのは、やっぱり兄さんは森永くんには甘いのかなあということでした。本気で森永くんが離れようとしたら、なんだかんだ言って絶対引きとめようとするし、結果譲りまくって森永くんの言うことを聞くことになってる。でもまあ、兄さんもそれが嫌じゃないから譲るんですもんね!
今回嫌だって言わなかったですしねvv 萌える~(´∀`)このときの兄さんの心情を妄想するともう…っ!
あと引っかかるのが、嫌じゃないときがすでにあったのかどうかということです。そう考えて読み返すとまたすごく萌えるんですけど…!そうすると、もしかしたらplan.1は嫌じゃなかったんじゃないのかな~、と。少なくとも忙しいってわけじゃなさそうだと思うんですけど。だから無防備に酔っぱらってしまったとか!そうだったらすごい萌えだ!そうだといいのに。

それにしても、合意にこんな萌えるなんて驚きです。これ以上進展したら私本当に鼻血出すんじゃなかろうかと不安になってしまいます。だって萌えの頂点が見えてこない。上にはさらに上があります。ほんと萌え満載!全てが萌えでした。私なんかの妄想の遥か上を行く内容で、幸せすぎました…vv兄さんは順調に恋する暴君になっていってますね!幸せ!

うわー…、感想書きすぎ。しかも一話分で…。だって兄さんが可愛かったから。罪なひとです。(責任転嫁)

|

« GUSH 7月号 恋する暴君 感想 | トップページ | GUSH 9月号 恋する暴君 感想 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GUSH 8月号 恋する暴君 感想:

« GUSH 7月号 恋する暴君 感想 | トップページ | GUSH 9月号 恋する暴君 感想 »