« いってきます | トップページ | 「恋する暴君」 第4部 エピローグ »

「恋する暴君」 第4部 plan.5

GUSH (ガッシュ) 2007年 10月号 [雑誌] Book GUSH (ガッシュ) 2007年 10月号 [雑誌]

販売元:海王社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いまさらですが第4部最終回の感想です。盛大にネタバレです。
ほとんどが読んだ直後に書いた文章なので、最初っから動揺がおさまりきってません。

ちょ、ちょっとどうしましょうこれ…。
手が震えてるんですけど!
心臓どくどく言ってるんですけど!
目に水みたいなものがにじんでるんですけどっ!
何だろう凝視しすぎて目を見開きすぎて目が乾いたからとか…?
いやほんとそれくらい驚愕の展開でした。

今月は最終回ということで暴君が表紙です。
でも来月号もエピローグが載るんですよね!うれしいな!
最終回を読んだらしばらくすごく寂しくなるなあと思っていたので。

表紙はらぶらぶな二人です。らぶらぶでいいんですよね?
森永くんの表情から察するにどこかにつまずいたとかのハプニングなんでしょうか。
森永くんどこに腕を回してるんですか。そしてどこに口をつけているんですか。
そのままちゅーしてしまえ!吸い付いてしまえ!

しかし森永くんはわんこですね。この抱きつき方は間違いなくわんこです。
そしてちらりと見える兄さんのへそが最高ですよ。
いいなあへそ…。

「暴君オチる!?」の文字もいやがおうにも期待をあおります。
暴君がオチるってなんて素敵な響きなんだろうか!
だって暴君なのにオチるんですよ?えろいなあ。

自暴自棄になった兄さんに森永くんはどう接するのか…というところで終わった先月号。
ってカラーが!カラーがえろい!
見開きの兄さんのちくびが美しいです。さすがちく美。

1ページ目の二人はどちらもパジャマの襟元が大きく開いていて、それなのに兄さんはもんのすごく色っぽいのは何でだろう。
そして兄さんにぐいってされたときの森永くんは何だか受ですね。可愛い。
そんな可愛い森永くんが攻なのが萌えるんですけど!

おそろいパジャマもカラーで見られました。
森永くんはちょっとは嬉しい気持ちになったりしなかったかな。
ゆくゆくは二人で選んだ(でもこれはありえなさそうなので森永君が勝手に買ってきたとかでもいい)おそろいのパジャマとか見られたりしないかな。

それにしても兄さんの表情がすさまじく色っぽい…!!
なんていうかけだるげで、まさに自暴自棄という感じがします。
言ってることも、甘えてるのかと思ったけど、何だか本当にやけになってる感じ。
自分なんてどうでもいいみたいな気持ちになってるのかな?
いやでも知らず知らずのうちに森永くんのこと誘ってるというのもあるかも…。
兄さんの内面はほとんど描かれないので推測するしかないんですが、とっても気になります。

そしてこういうときどうするのかというのは難しいものだと思うんですけど、さすが我らが(?)森永くんです。
ほんっとえらいよ!
さすがだよ!
分かってるよー!!

森永くんは心が大事だってことちゃんと伝えます。
熱烈な告白だ。可愛い顔だけどかっこいいです。へたれ森永くんも可愛いけど、真面目な表情もやっぱりいいですね!森永くんは誠実で本当に素敵なひとだ。
それに森永くんが気にしていたこころのはなしがしっかりできたことはよかったなあと思いました。

「…悪かったよ」のときの兄さんがどんな表情をしていたかも気になります。
やけに素直だけど、まだらしくない兄さんだったのか、ここが第一の陥落ポイントだったのか…。
それとも本当に単純に誤解していたから、悪かったと思ったのかな。
ここの表情が分かれば兄さんの心を知る糸口になると思うんですよ!気になる~。

この後の二人の掛け合いも大好きです。
可愛すぎる。兄さん意識してるしてる!
何より兄さんがいつもの兄さんに戻ったみたいなのがうれしいです。
やっぱり兄さんは元気よく怒鳴ってぶっころすとか言って、それでたまに森永くんにやり返されたりするのがいいですね。あーほんと可愛いな。

でもここの兄さんの言葉、要約すると自分を据え膳だと言っちゃっているような…。「どうせガマンできないだろ」みたいな。
「ガマンできるのか」ってガマンできないならやっちゃっていいってことなんじゃないのかなーなんて。
やっぱり無自覚かどうかは別として、先月号から兄さんは誘っていたんでしょうか。
存在を確かに感じたくて、森永くんの肌を求めていたとか。おおお。
が、森永くんは体だけじゃないんだということを主張して、結果ひとつのベッドでくっついたまま朝まで何にもしないでいるということになっちゃいました。

でもこの後のやりとりはシリアスです。
森永くんはあんまり多くを望まないというか、あきらめちゃうひとで、それを普通だと思ってる部分があるのかなあ。それが過去のいろいろから来てるんだったら何だか切ない。

そして兄さんは心から森永くんのことが心配だったんですね。
兄さんはやっぱり愛情深くて素敵なひとですよ。ああもう大好き…!!
それでもって森永くんは兄さんにとって本当に本当に失ってしまうことを考えたくないくらい大事な存在なんだなあ。森永くんも兄さんも無事で本当によかった!
何だかじんわり感動してしまいました。

二人の距離もどんどん近づいていってるのを感じます。
本当にこの二人はいい組み合わせだと思うんですよ。
森永くんじゃないと兄さんにここまで近づくことはできないし、兄さんは森永くんが持ってなかったもの諦めていたものを当たり前のように与えてくれるというか。
うまく言葉が浮かんできませんが、とにかく兄さんと森永くんが大好きだー!ってことです。

で、どんどんいいムードになってきちゃいます。
ですが、森永くんは朝まで何にもしないことで兄さんに本気を見せるつもりなので、どうにもできません。
でもこういう触れてるのに何もしないのも色気たっぷりでいいものですね。
そんな中での兄さんの変化が可愛くってたまりません。
兄さんが意識してるーー!
しかもそれが森永くんにばれてるってのがもうね!最高ですね!
森永くんも反応して当然です。なのに何にもするわけにはいかないので、それを必死に押さえ込もうとしてる姿が笑えます。さすが理系。

そして「絶対使ったりしませんので」って…。
言葉の選び方が面白すぎます。いや、正しいといえば正しいんですけど、そんな、道具じゃあるまいし…!
というか森永くんのばか!
今使わなくていつ使うんだよー!
何ともあほ可愛い森永くんです。
でも大事な場面では間違えなくて、こういう間違えてもいいとこでは間違うんですね。(使っちゃえばいいと思うけど、兄さんがどんどん意識しちゃって焦らされてるみたいになってるからいいんです!兄さんが可愛いから問題なし!)あれ、森永くん最強…?
ここ、兄さんの背中にしがみついて耐えてる森永くんは可愛いし、脚が逃げてる兄さんも可愛いです。

森永くんは必死で我慢しようとしますが、兄さんの方も意識しすぎちゃってるような状態。
本当にこれはえろい…。兄さんの表情が好きすぎる。

そして。
焦らされまくった兄さんからキッスです。
キッスとか言っちゃいますよ!動揺のあまり!

兄さんからキス。にいさんがキス。兄さんが森永くんにキス。

ずっと夢見ていた光景が今ここに!
兄さんが森永くんにキス!
兄さんが自発的に!森永くんから求められたわけでもなく!自分の意思で!自分から!

しつこいくらい書きますよ。なんかもう確認の意味で。
だって兄さんが自分から森永くんにキスするなんて~~!
口と口がくっついとりますよ!!すごいよ!

びっくりしすぎて何か変な笑いが出ました。
たぶん森永くんと同じ気持ちだったと思います。

そりゃあ理性もぶっちぎれるってなもんですよ。
ここからの森永くんが切羽詰ったみたいに性急に事を運ぶのがすごくいいです。
兄さんは逃げないのにね。そう逃げないんですよ!
だって自分が誘ったんだから!わーわー!

それにしてもにいさんがよくじょうだなんて…!!

兄さん×欲情=素晴らしいギャップ萌え

兄さんが欲情。
もう字だけで萌えます!
えっちのときは乱れ色っぽいですが、普段はあくまでストイックで自分から求めるなんて考えられなかった兄さん。そんな兄さんが…!

悔しそうな兄さんの表情も色っぽいです。
「くそ…っ」のときの兄さんの顔が好きすぎます。
森永くんに対して「何するんだ」って怒るわけじゃなくて、今の自分の状態がくやしいって感じなのがいいなあ。
そりゃあ自分から誘ったんだから怒れないですよね!

森永くんが敬語じゃなくなるのも大好きです。
兄さんがどうしようもなくなってるときですし!

本当に理性ぶち切れっていいなあ。
えろかった。本当によかった。
一巻以来の○○○もお目にかかれましたしね。
本当に、森永くんじゃなくても夢のようだと思いました。

そして最後。
森永くんの傷の跡にすり…と顔を寄せる兄さん。
こ、これ、いとしげですよね。

オチてるーーー!!

表紙やら帯やらの言葉は往々にして嘘をつくものなんですよ。常々そう思ってるんですよ。
今回は「!?」が付いてるし。
でも
嘘じゃなかった!!!

兄さんがいとしげに森永くんに触れるなんて…。ど、どうしよう。
自覚的だったらもっとどうしよう。兄さんの森永くんへの愛情表現だったらどうしよう。
でも、抑えきれない想いがあふれたように見えました。
その後の森永くんのうれしそうなことと言ったら!
目だけだけどすごく可愛い。何だかけなげな感じがしてじんとしました。

こんなの恋人同士じゃないですか。
その後のキスはまちがいなく恋人同士のキスですよ!
森永くんおめでとう!!

そして翌日。
兄さんはまたしてもいつも通りです。
でも起きたときの様子も見たかった!どんな朝を迎えたんだろう。気になります。
それにしても何だか兄さんしゃきしゃき動いていますが、慣れてきたんでしょうか、体が。
どんどん開発され作り変えられていく兄さんの体…。

放火犯は結局捕まり、兄さんは自分で仕返しできなくて残念そうです。
そんな兄さんを心配して止める森永くん。
それを受けての兄さんの表情がたまらなく好き。
つんでれのでれ?これはデレですか!
「くそ」のときといい「すり」のときといいこれといい本当に表情がいいなあ。
「可愛すぎるだろ…」と思わず口に出してしまったくらいです。

そしてそして
同棲クル━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!??
かなこちゃん松田さんナイスアシスト!甘々新婚生活ですか!
どうしよう、妄想が止まりません。
とりあえず森永くんはいつも一番風呂は兄さんに譲るけど兄さんは覗かれやしないか入ってきやしないかと警戒心でいっぱいになって森永くんをじっとり睨んだりしてね!
最初はあくまで仮だからな!って感じですぐに出てくんだからとか言ってるけど、ちょっとずつものが増えていってすぐには出て行けないような状態になって、いっそもうずーっとここで住んじゃえよみたいな状況になったりして!
兄さんはどんどん森永くんが近くにいることに慣れていってしまっちゃうのです。あれ、でもすでになっているような気もする…。いやいや家の中でも!
でも油断して無防備になりすぎると森永君がふらふら誘惑に負けちゃうわけですよ。

はーーー
すみません、新婚生活妄想を垂れ流しました。

ああ早く11月号の発売日になればいいのになあ!
すごくすごく楽しみですv

|

« いってきます | トップページ | 「恋する暴君」 第4部 エピローグ »

コメント

わ~><
いつ思い出してもこっちまで赤面してしまいます!!
フンガフンガ
に、
にいさんが…にいさんが欲●!?きゃあああああ!!
次号のエピローグもとても面白かったです
さ、最終回でなくてよかった…おおおお><です。
お忙しいかと思いますが、次回の更新も心待ちにしております♪

投稿: はねま | 2007年10月 7日 (日) 22時41分

お久しぶりです、加成ですv
りょうさん、パソコン復活おめでとうございます。
そして久々の感想記事UPで嬉しいですv
兄さんからのキス、本当に衝撃でしたよね。
個人的に、入浴を覗かれないかと心配してる兄さんに妄想に萌えでしたv
もう同棲から始る5章が待ち遠しくて仕方ないですよねv
忙しそうですが、また記事更新されるの待ってますね~(*^_^*)

投稿: 加成 | 2007年10月10日 (水) 01時28分

長らく放置してしまって申し訳ありません…!!
コメントありがとうございます!

>はねまさん
私も鏡は見てないものの確実に赤面していたと思います。
兄さんがよくじょうだなんて本当に驚きましたよね…!!
今文字を打ち込んだだけでどきどきです。
エピローグもとてももえもえでしたね!1ページ1ページ噛み締めるように読みました。
暴君はまだまだ続くみたいでうれしいですねv
私は最終回だなんて思ってもみなかったので、そう思われてた方が多かったことを知って驚きつつ、自分がそう思ってたらどんなパニックになってただろうかとどきどきしました。
本当に、最終回じゃなくてよかったです。

>加成さん
お久しぶりです!
パソコンは故障ともいえないような状態だったので、本当にお恥ずかしい限りなのですが、ネットが満喫できるのは素直に嬉しいです。
暴君ブログさんを巡回しては元気をもらっていますvv
兄さんからのキスはもう、驚きすぎてリアルに叫んでしまいました。
恥ずかしい妄想ですが、少しでも楽しんでいただけたならしあわせです!兄さんが森永くんを意識してるのがもう楽しいです!
5章は同棲生活から始まるんですよね…!4章の衝撃に浸りすぎてそのことを失念していました。すごく楽しみですねvv


忙しいというより、時間の使い方がへたくそでなかなか記事がかけないのですが、でも萌えは吐き出したいので、せめて一週間に一度くらいは更新したいなと思っています。
よろしければまた見に来てやってください~。

投稿: りょう | 2007年10月17日 (水) 23時19分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「恋する暴君」 第4部 plan.5:

« いってきます | トップページ | 「恋する暴君」 第4部 エピローグ »