« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

めがね

昨日は風邪気味だったので夕方から布団に入って横になっていたんですが、ふとした瞬間唐突に「眼鏡舐めってよくないか!?」と思いつきました。

こう、前がよく見えなくなったりしてえろい!えろいよ!
絵的にも美しいよ!

燃え滾る思いのままに鞄の中から眼鏡ケースを、ケースの中から眼鏡を取り出し、台所へダッシュで向かって、眼鏡に水をぶっかけます。
そしてすぐさま装着。
もちろん前が見えなくなるかどうか確かめるためです。

数箇所くっついた水滴が邪魔ではあるものの、残念、見えました…。
がっかりしたのもつかの間、あ、息で曇るんじゃないかな!と復活。
それにゆっくりねっとり舐めれば一時的には片目の視界は奪える!
素晴らしい!
その日は自分の発想に満足して就寝しました。

そして冷静になった今日。
何でそんなに見えなくさせたかったんでしょうか。
しかも水道水で見えなくなるかどうか検証するって、舐める方の唾液量はどうなっているんでしょうか。

何より思いついたときに大興奮でしたが、眼鏡なめってあんまり綺麗じゃないような…。
というか本体じゃなくて眼鏡なめるのって何か変ですね。
むしろ眼鏡が好きなのかよみたいな。

眼鏡なめなんて見たことないですしね。
まぶたなめの方がいいもんなあ…。

自分では平気なつもりだったんですが、実は熱があったんでしょうか。
眼鏡を掴んで家の中を駆け抜けた自分は、目は輝きつつもいろいろとおかしかったでしょう。まちがいなく。

家には私一人でした。
そして自分で舐めるという選択肢が私にはありませんでした。
そこが救いです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »