« 今日の購入本 | トップページ | 今日買った本 »

「青空の澄んだ色は」 天禅桃子

青空の澄んだ色は (ミリオンコミックス) 青空の澄んだ色は (ミリオンコミックス)

著者:天禅 桃子
販売元:大洋図書
Amazon.co.jpで詳細を確認する

教師を目指す杉浦秀は、講師として小学校に赴任する。そこで、秀が小学校の時担任だった深田龍二と再会する。
秀にとって、深田は憧れの人であり、心の支えだった。再び会えたことに驚く秀だったが、昔の印象とは違う深田に戸惑いを感じる。しかし、次第に深田への想いは形を変えていき…

すごくよかったです!
心理描写が綺麗で、優しい言葉が胸にしみて、ところどころ泣いちゃいました。
お互いがお互いにとってかけがえのない大切な存在なのだということがよく分かって、その大切に思う気持ちがすごく綺麗だと感じられます。

教師なりたての頃の気持ちを失ったわけではなくても、その限界を感じるようになっていた深田は秀の存在に勇気を与えられ、少しずつ変えられていく。
秀は中学生の頃の深田の言葉が支えになっていて、それが今にもつながっている。
そんな二人の影響を与え合う関係がすごく素敵です。
そしてそこがすごく丁寧に描かれているから、お互いを好きになることが違和感なくしみこんできます。

だって二人ともとっても魅力的なんですよ!
秀はとにかく一生懸命でけなげで可愛いし、深田の包み込むような優しさには秀でなくてもぽーっとなります。
あ、浅宮先生も気になるなあ。黒髪眼鏡だし…。浅宮先生編をひとつお願いしたい。

教師ものってマンガに限らずたくさんありますが、こんな先生いたら素敵だな~って思ったのは、久しぶりです。
いや~本当によかった!心が洗われました!

本編は天禅さんもあとがきで描かれているようにラブ度薄め(だからといって満足度が低いというようなことはないです)ですが、ラブラブ甘甘な番外編と描きおろしもすごくよかったです。
甘い言葉をすらすら言うのに、本当は自分の全てを見せたら嫌がられるんじゃないかと不安がっている深田も、恥ずかしがりな秀も、二人ともすごく可愛いv

あと、最後に1つ!
天禅さんの描かれる、登場人物の泣きそうだったり赤くなってたりする目元はすごく色っぽいと思います!!

大人同士の恋ですが(秀はちょっと子供っぽいかな?)、ピュアで甘酸っぱい感じのする、表紙イラストの通りにさわやかな一冊で、大満足でした!

|

« 今日の購入本 | トップページ | 今日買った本 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「青空の澄んだ色は」 天禅桃子:

« 今日の購入本 | トップページ | 今日買った本 »